出産、子育て、復職のサポート体制

HNIMGL8671_TP_V

日本は少子化問題が深刻化しており、それを改善するための対策が国主導で様々行われています。
国が主導するだけではなく、それぞれの企業が率先して少子化対策に取り組んでいるケースも見受けられます。
例えば出産時や育児期間中に関する休業・サポート制度は当然のシステムとなりましたが、休業した後の復職体制の整備にも注力しています。
しかしすべての企業がこれらのサポート体制を用意できているわけではありません。
調剤薬局の中には出産時や子育て時のサポート制度がない、制度はあるものの利用しにくい…といったこともあるでしょう。

ですが日本調剤は出産、子育て、復職のサポート体制をしっかりと整えており、働いている従業員にとってより良い状況が作られているといえます。
法律で定められている産前休暇(6週間、多胎妊娠時は14週間)、産後休暇(8週間)、育児休業(1年間、子供が保育園に入園できない場合などは最大1年半まで延長可能)等の制度は当然整っていますが、その他にも出産祝い金制度、育児短時間勤務、産前休暇前の職員に対してマタニティズボンを用意するなど法律として定められている企業の義務を超えてサポート体制を整えています。
また、産休育休の取得率が100%ということから制度が浸透していることと取得しやすい環境が整っていることが分かります。

出産後も引き続き薬剤師として働き続けたいにもかかわらず、出産や子育て、そして復職に関するサポート制度が整えられていないことが原因で諦めて退職し、出産や子育てが一段落した際に新しく働き場所を探すケースが見られます。
ですが産後・育児中に新しく職場を見つけることは簡単ではありませんし、できることならば以前から勤務し続けていたところで復職したいと考えるのが当然でしょう。
日本調剤では休職・復職に関するサポートとして休職中でもスキルアップができるよう毎月社内報と教育資料の送付やスムーズな復職のためエリアマネージャーが個々の事情を考慮した支援を行っています。
具体的には保育園への送り迎えがしやすい店舗への異動、育児短時間勤務制度の利用、雇用形態を変更(正社員から契約社員・パート社員への変更)するなどライフスタイルの変化に合わせ復職に向け、子育てと仕事の両立を支援しています。

復職した後も問題なく働き続けることができ、小さな子供が病気になった際にも看護休暇が与えられるので、気兼ねなく休みを取って看病ができます。
様々なサポート体制の充実によって、より良い職場環境が作られているのが魅力でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする