日本調剤の働き方

img_雇用形態

現代日本は働き方に関して様々な問題点を抱えており、働き方改革の取り組みも動き出しています。
そんな中日本調剤では、時代の流れに即した形の働き方を用意しており、誰もが勤務しやすい状況が作られています。
日本は他の先進国に比べるとワークライフバランスの面で遅れを取っていましたが、日本調剤ではワークライフバランスを重要視した雇用形態を準備しています。

男性にも女性にもやさしい働き方を提唱しており、特に雇用形態を選べる点は魅力でしょう。
正社員と契約社員、パートに分類することができ、それぞれの形態に応じた働き方が備わっています。

例えば正社員でも、「全国勤務コース」を選択していない場合には転居を伴う異動はありませんし、契約社員やパートは当然転居を伴う異動はありません。
パートですと自分で希望する店舗を選択できるため、自らの生活に合わせた働き方が可能になります。
正社員や契約社員であっても基本的には60分圏内の場所で勤務となるので負担なく働けるでしょう。
このように勤務する店舗の範囲を見ただけでも、日本調剤の雇用形態はワークライフバランスを重視していると分かります。

また安心して働き続けるためには各種制度や手当の充実度合いがポイントになります。
店舗が自宅から近くても、それ以外の部分にマイナスポイントがあれば台無しでしょう。
しかし日本調剤であれば、社宅制度や地域手当などが用意されていて、全国勤務コースを選択した場合にはそれ以外のコースに比べて昇級スピードが早くなりやすい、帰省費用支給制度など福利厚生制度やサポート体制も整っています。

結婚や出産を機に会社を辞めて、その後パート先を探して働き始める…というケースも見られますが、これは理想的な働き方ではありません。
日本調剤であれば結婚や出産などによるライフスタイルの変化に合わせて雇用形態の変更も可能など魅力あふれる制度を用意しているため、それぞれに最適な働き方を見つけ出すことができ、仕事にも家庭にも力を注ぐことが可能でしょう。
働き方を改革しようとする企業は多数ありますが、実際に働いている従業員が満足できているケースは数少ないのが現状です。
しかし日本調剤は働いている薬剤師をはじめとした従業員目線に立って、柔軟な雇用制度を整えています。

産前休暇や産後休暇、育児休暇だけではなくて、産休復帰後の時短勤務や看護休暇を取得できる点も、働きやすい環境づくりに寄与しています。希望した全員が復職しているのもこれらの制度が整っているからこそと言えます。
これらの制度を使う薬剤師に対する復職支援や、それぞれの状況に応じたケアを行っているのが特徴でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする