日本調剤の高度薬学管理機能

N811_toridashitajyouzai_TP_V

調剤薬局に求められている役割は単なる処方箋に基づいた調剤業務だけではなくなりました。
昔に比べて患者さんから求められている内容は非常に多く、高いレベルの知識や経験が大切になりつつあります。

例えば厚生労働省が示した「患者のための薬局ビジョン」で薬局・薬剤師に求められている役割の一つである高度薬学管理機能に関して取り組みを積極的に行っている大手調剤薬局も増えていますが、その中の一つが日本調剤です。
それぞれの学会が認めている専門薬剤師を置くことにより、これまで以上に薬学知識を活かした対応が可能になります。
一般的な病気だけではなく、がんやその他の病気に特化している薬剤師を配置することにより、患者の方は安心して通うことができますし、調剤薬局側も質の高い対応を行いやすくなります。

人それぞれ症状は異なりますし、病気によって対応方法は変わってきます。
例えば厚生労働省では抗がん剤を服用して熱が出るという副作用が発生した場合の対応や、HIVに関する治療法の選択などについても指針を定めており、高度薬学管理機能の普及に動き出しています。

これらの動きにいち早く反応しているのが日本調剤を含めた大手調剤薬局チェーンで、これまで積み重ねてきたノウハウや規模の大きさを活かした動きを見せています。
例えば、日本調剤では国立がん研究センター東病院で行われた薬剤師がん薬物療法研修を受講するなど、調剤薬局で勤務している薬剤師の知識向上のために育成に乗り出しています。
現代の日本ではおよそ100人に1人は“がん”であるといわれるほどがんは我々にとって大きな脅威でもありますし、実際にがんに悩んでいる患者さんは枚挙にいとまがありません。

実際、調剤薬局にいる薬剤師の中にがんに強みを発揮する人はほとんどいませんでした。
しかし日本調剤では上記した研修などに参加することによって、がん薬物療法に関してもしっかりと対応できる準備を整えているのです。
具体的に日本医療薬学会が認定しているがん専門薬剤師をはじめとした資格取得を目指していますし、大学病院のごく近辺に多数出店しており、国立がんセンター病院前には100%の確率で出店しているのも特徴であり、これは高度薬学管理機能を実現させるための強い思いの表れでしょう。

ちなみに上記したがん薬物療法はすべての薬剤師が受講するわけではなく、定められている基準をクリアした薬剤師のみ受講することができ、3ヶ月間という長い期間病院にて実務研修を積むことになります。
ですから研修を終えればがんに関する知識なども身についているので、高度薬学管理機能にしっかりと対応できる薬剤師になることができるでしょう。
日本調剤に在籍している薬剤師の質は年々向上しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする