日本調剤の女性活躍に向けた取り組み

img_lead

企業で働く人たちを守るための法律が次々と誕生しています。
それぞれの時代に応じた問題を解決する法律が生まれており、2016年には女性活躍推進法が誕生しました。
これは名前の通り、働きたいと考えている女性をサポートするためのもので、特に出産や育児に追われていた女性を支援するための法律です。

特に大企業においては独自性溢れる福利厚生制度の導入で女性が復職しやすい状況が作られています。
しかしすべての企業が導入しているわけではありません。
こういった現状を解決するための手段として女性活躍推進法がスタートしました。

日本調剤は同業他社と比較しても女性にやさしい勤務環境を整えており、女性活躍推進法に基づいた行動計画を設けている点も特徴でしょう。
具体的には管理職に占める女性の割合の低さや管理職を目指す女性が少ないといった課題に対し管理職に占める女性の数を2人以上にするなどの目標を掲げています。

このような目標に対し、管理職を対象にした部下育成に関する研修の実施や、女性のキャリア形成支援の実施を予定しています。
そして有給休暇制度拡充の検討、女性の職域拡大に向け今まで女性社員が少なかった部署に女性を配置するなど新たな取り組みも開始しています。

これら以外にも、出産や育児を終えた後に気兼ねなく復職しやすい環境が整えられていて、これも女性活躍推進法を意識した結果でしょう。
具体的な行動計画を作ることによって、経営陣だけではなく実際に働いているそれぞれの従業員が目標達成のために努力しやすい環境ができ上がります。

女性が活躍しやすい職場環境の構築の必要性は感じているものの、何をすべきかわからない…と感じている企業は実はかなり多いです。

患者さんが日々利用しやすい調剤薬局にするためには、そこで働いている薬剤師をはじめとした従業員の働きやすさにも気をつけなくてはいけません。
女性活躍推進法に基づいた行動計画を見ると、とにかくヒアリングを重要視して、アンケートをする機会がかなり多いことに気づくのではないでしょうか。

女性活躍推進法自体はまだ生まれたばかりの法律なのですが、男性と女性の働きやすさの違いを埋めるためにも非常に有効な法律です。
同じ業種であっても、それぞれの企業によって抱えている問題点が異なりますが、日本調剤は自社に最適な行動計画を練っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする