日本調剤の企業理念

企業理念

調剤薬局は病気などで苦しんでいる患者さんに寄り添った存在です。
しかし医療の形が多様化している現代において、すべての患者さんのニーズにこたえられているとはいえません。
様々な形を通して調剤薬局が患者さんに寄り添った対応を行うことは重要ですが、ビジョンに基づいた業務の遂行もとても大切でしょう。

日本調剤は各地に調剤薬局を設けている大手チェーンで、「医薬分業」という企業理念を掲げています。医薬分業とは簡単に言うと薬の処方業務と調剤業務をそれぞれの専門家である医師、薬剤師が分担して行うということです。分担して行うことで医師は病院にある薬に縛られることなく処方ができ、薬剤師が薬歴を管理することで重服投薬が避けられます。
より良い医療体制の実現のためには医薬分業を進めることが欠かせませんが、現時点で日本全体の医薬分業率は7割ほどですのでまだまだ道半ばといえます。
日本調剤は社会・国民にとって必要とされる存在になることを真の医薬分業としています。そのため現在日本調剤は医薬に関するあらゆるニーズに対応できる日本のかかりつけ薬局を目指し様々な取り組みを行っています。
例えば近年調剤薬局に期待されている高度薬学管理機能や在宅医療、ジェネリック医薬品普及による医療費削減への貢献、地域医療の拠点として健康サポート機能の強化等行っています。

日本調剤グループは調剤薬局だけではなくて、ジェネリック医薬品の製造・販売事業や医療従事者派遣紹介事業、医薬コンサルティング事業の4つの分野で、総合的な医療サービスを提供しています。医薬に関するあらゆるニーズ対応できる日本のかかりつけ薬局となるためには薬剤師だけの力では足りないからこそ、具体的な連携体制を構築しているのです。

そして医薬分業という企業理念を達成するための取り組みとして、かかりつけ薬剤師制度の普及や地域に根差した調剤薬局化にも貢献しており、これらを通して患者のサポートを行うことで日本の医療界が目指すべき患者本位の医薬分業に近づくことができています。
また、一部調剤薬局では気軽に健康相談などができる健康チェックステーションが併設されており、地域医療を通して患者さんにとって不可欠な存在となりつつあります。

医薬分業というかなり大きな企業理念を掲げていますが、実現に向け着実に取り組んでいることが分かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする