地域医療の取り組み

OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V

自分ひとりで病院に行くことが難しく、治療の必要があるにもかかわらず病院に行けないという人や調剤薬局まで出向いて薬をもらうことが難しいという人もいます。
主に高齢者がこういった悩みを抱えていますが、地域医療に関する取り組みが活発化しており、病院だけではなくて各調剤薬局もそれぞれの地域に寄り添った医療体制を整えています。
それぞれの患者さんに必要な医療を提供するためには、病院だけではなく調剤薬局の存在も非常に重要でしょう。
ただ小規模な調剤薬局は地域医療に対して積極的に取り組んでいないケースも珍しくありません。
しかし日本調剤は全国規模で地域に密着した医療を提供しています。

2011年に在宅医療を専門とする部署を設置し、これまでに様々な取り組みを実践し、ノウハウの構築にも励んでいます。
他の医療機関との連携といった地域全体を包括する形で対応することができるシステムの構築により、自宅から出ることが難しい人に対して適切な医療を届けることができるようになりました。

在宅医療をはじめとした地域医療に取り組むためには、専門的なノウハウが必要になります。
そういったノウハウの勉強をする環境が日本調剤では設けられているので、スキルアップが期待できるでしょう。
最適な地域医療の実施のために薬剤師自身がしっかりと勉強をしているので、この制度を利用する側も安心感を得ることができるはずです。

日本調剤は数多くの薬局を有していますが、その一部の店舗に健康チェックステーション機能を設けています。
気軽に自身の健康状態をチェックすることができ地域の人たちの健康維持のためにも有用なサービスといえるでしょう。

アナログ的な医療に頼るのではなくてタブレット端末を使用した管理システムなど最新のIT技術を用いている点も魅力で、高いクオリティのケアができるようになりました。

日本調剤は地域医療の分野に積極的に取り組み、ただ単に利便性を提供しているのではなくて質の高さも兼ね備えています。
またかかりつけ薬局として活用されることも多く、困ったことや相談ごとがある際には気軽に相談できる地元に根差した調剤薬局として認知度を増しています。
医師などとの連携体制も構築しており、安心度の高い地域医療が現実のものとなっているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする