日本調剤の教育制度の特徴

pixta_22755778_M

社会人として働く場合、それぞれの業種に応じた教育を受けることがあります。

しかし規模が小さな企業であれば満足できる教育制度が用意されていないことも多く、結果的にノウハウの吸収が遅れてしまい、自らにとって不都合な状態になります。それは薬剤師であっても同様ですが、日本調剤は全国に500店舗以上を展開する調剤薬局となっており、実働経験がない薬剤師であっても、各種教育プログラムによってノウハウを身につけることができ薬剤師としてのキャリアアップのために大きく役立ちます。

日本調剤が設けている教育制度を大きく分類すると、「5年教育プログラム」と「キャリアアップ用の教育プログラム」があり、双方とも教育内容は考え抜かれています。

「5年教育プログラム」は入社したばかりの頃から開始され、5年経過するまでの間、様々な内容のプログラムを受けます。実際に店舗に配属された頃からはじまる「15ステップアップ研修」は15のステップに分かれていて、尚且つイーラーニングにて勉強できますので、無理なくステップアップに励めます。このプログラムでは薬剤師として必要な基礎部分をしっかりと学ぶことができ、3年目以降には大学病院での実務研修や在宅医療に関するプログラムも用意されています。

そして「キャリアアップ用の教育プログラム」は、スペシャリストやマネジメント職等の目指す役職に応じた個人のキャリア実現のために多くの教育プログラムが用意されています。
調剤薬局の中には形式だけの教育制度が設けられているところもありますが、日本調剤の場合は質が高くて、実戦的な研修も数多く用意されているのが魅力です。教育情報のポータルサイトやバーチャルクラスルームの設置によって、インターネットを介して効率的に知識を積み重ねることができ、提供されているツールによって学びへの意欲も上昇するはずです。

薬剤師は利用する人のために日々勉強を重ねる必要がありますが、具体的な教育制度が整えられていると自分にはどんな知識が不足しているのかを知ることができ、適切な内容のプログラムを学ぶことができます。

特に多くの薬剤師が悩んでしまう入社直後のサポート制度がしっかりと整っている点も日本調剤の特徴であり、教育担当者による個人面談も定期的に実施されるため、薬剤師として成長していくうえで必要なフォローが期待できます。もちろん入社直後のみならず、様々なタイミングで必要なプログラムやフォローが受けられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする