日本調剤グループのジェネリック医薬品の取り組み

pixta_32417333_M

ジェネリック医薬品の知名度は徐々に高まっており、これを希望する患者数も多くなっています。

日本調剤グループにおいても積極的にジェネリック医薬品の提供を行っており、2014年以降かなりの勢いで高まっていて、2015年には国が定めているジェネリックの使用数量割合の目標値も達成しています。ジェネリック医薬品が大きく普及することで医薬品を日常的に使用している人にとっても出費が抑えることができます。

また日本調剤グループはジェネリック医薬品に特化した企業(日本ジェネリック株式会社など)も設けており、自社グループによるジェネリック医薬品の数も年を追うごとに増えていて、研究開発に力が注がれています。

日本ジェネリック株式会社は医療関係者に向けたジェネリック医薬品購入ガイドを作り、またジェネリックガイドという医薬品データベースも公開しています。
ジェネリックガイドに普段服用している医薬品名を入力するだけで、それに対応するジェネリック薬品が表示され、具体的にいくらの節約になるのかについても知ることができます。
1日当たりの薬価差、負担割合別の負担金額、そして同じ画面に店舗情報が掲載されているため、最寄りの店舗を探しやすくなっています。
患者向けのこういった利便性の高いサイトを作成し、公開している調剤薬局は珍しく、日本調剤グループならではのサービスといってよいでしょう。

病院で発行される処方箋に基づいた医薬品(先発医薬品)の提供はそれほど金銭的負担を感じないかもしれませんが、塵も積もれば山となるため、日常的に薬を飲まなくてはいけない人にとっては非常に厄介です。医療にかかるお金が家計に大きくのしかかってしまう…という可能性も高いので、ジェネリック医薬品需要が高まってきました。

日本ジェネリック株式会社はまさにジェネリック医薬品の普及のために設立された企業で、販売業務のみならず、薬の製造にも携わっています。医薬品の製造も行っているからこそ可能なサービスも多々あり、それを日本調剤グループでは実施しています。

もちろん製薬に携わっているため、徹底的な研究や開発環境も整えており、品質の高さやサービスクオリティの充実にも注力しています。単純に先発医薬品と同一の医薬品を作るだけではなくて、より患者に適した形を実現させるために日本調剤グループが扱うジェネリック医薬品は、価格面へのこだわりだけではなくて、飲みやすさなどにも気を配っていることがわかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする