ジェネリックってなに?

Modern interior pharmacy or drugstore with male pharmacist at the counter. Medicine pills capsules bottles vitamins and tablets. illustration in flat style Raster version

ジェネリックってなに?

一昔前から頻繁に聞かれるようになったジェネリック医薬品。
実際に日本調剤においても重要な役割を果たしている存在です。
医薬品は値段が高い!という常識が覆されるきっかけになったのは、ジェネリック医薬品のおかげかもしれません。

そもそも世の中に出回っている医薬品は、製薬会社が研究開発費や労力をかけて開発したものです。
ですから一定期間の間は他の企業が同じ成分を使った薬を販売できないようにルール付けがなされています。
しかしその期間が切れると、他社も同じ成分を用いて同じ効能を発揮する医薬品の製造を行うことが多いのです。
これがジェネリック医薬品です。
当然のことながら製造に必要な成分は既にわかっているので、はじめにその医薬品を作った会社に比べると研究開発費は少なく済みます。
その結果、我々に販売される際に価格に反映され、安く購入することができるのです。

価格が安く、使われている成分も同じ、そして肝心の効果も期待できるということであれば、誰もがジェネリック医薬品に注目するのは当たり前でしょう。

使用する薬によって安くなる金額は異なりますが、例えば糖尿病を患っている場合は1年間で8000円以上の節約になります。
これが毎年続けば大きな金額になりますし、抱えている病気によっては、ジェネリック医薬品によってこれ以上の価格的な恩恵を受けられることも珍しくありません。

ジェネリック医薬品を使用しますか?と調剤薬局で聞かれることも多いと思われます。
そんな時に中には怪しさを感じて、ジェネリック医薬品を使わないと答える人もいます。
しかしジェネリック医薬品も販売するにあたって当然のことながら検査を受けているので特に不安に思う必要はないでしょう。

世の中ではジェネリック医薬品に関する理解がかなり深まってきています。
ですから医師や薬剤師にジェネリック医薬品を使うかと聞かれることもあります。
中には本家の医薬品(先発医薬品)以上に、ジェネリック医薬品のほうが有名になったという薬も少なくはありません。

日本調剤においてもジェネリック医薬品の扱いはとても多くなっていて、数多くの患者さんが使用しているようです。また、このようなジェネリック医薬品の需要拡大を背景に日本調剤グループでは新たに自社工場の建設も行っています。

人それぞれ薬に対するこだわりや想いがあるとおもいますので、一概にジェネリック医薬品がベストとは言えませんが、先発医薬品に比べて安く購入できるというのは助かりますよね。

薬は一回きりの処方というケースもあれば、半永久的に使い続けることもあります。
日本調剤のサイトでも詳しく説明しているようなので、ジェネリック医薬品に不安を感じている方は一度見てみることをお勧めします。
また、実際に日本調剤の薬局でジェネリック医薬品について相談するのもいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする