薬剤師訪問サービスとは

5

医療の幅も昔に比べるとかなり広がってきており、特に高齢者の中には、自宅で医療を受ける人も増えてきました。
所謂在宅医療というものですが、一般的なイメージでは医師や看護師が自宅に訪れて診察を行うというイメージがあるでしょう。
しかしそれだけではなくて、薬剤師訪問サービスも存在しており、このサービスを活用している人が多くなってきています。

薬剤師訪問サービスは日本調剤でも利用でき、在宅医療を受けている人だけではなくて、それ以外の人たちも活用できるようになっています。
ただ誰でも利用できるわけではなく、一定の条件を満たさなくてはいけないので、薬剤師訪問サービスを活用したい場合にはチェックしてみてください。
特に年齢制限はありませんから、定められている条件に合致さえすれば利用可能です。

これまでは一生懸命頑張って辛いながらも調剤薬局に行き、薬をもらっていたかもしれませんが、薬剤師訪問サービスを活用することによって、自宅にいながらにして薬を受けとることができます。
実際に薬剤師が自宅に来てくれ、薬に関する説明や使用方法などを教えてくれるので安心感が増すという声もたくさんあります。

調剤薬局でのやり取りではなく自宅でのやり取りだからこそ得られるメリットもあります。
まずは薬局でのやり取りよりも薬剤師と接する時間が増えるので、自身の状態をよく見てもらうことができ、変化にも気づいてもらいやすくなると思います。
また同居している家族が体調の変化などの不安点を伝えることもできるので、より高いレベルの医療を受けることが可能になりますね。

もちろんこういった薬剤師訪問サービスは全ての調剤薬局で行っているわけではありません。
しかし、日本調剤では全国の薬局店舗で薬剤師訪問サービスの利用・相談ができます。このように全国どこの薬局でもサービスを利用できる環境は便利といえますね。

ただ単に薬剤師が自宅に訪問してくれ薬を渡してくれるだけではなく、その後には薬剤師から医師などに連絡をするので、患者、薬剤師、医師、ケアマネージャーなどが一体になることができ、理想的な在宅医療を実現させています。

今現在の薬の受け取りに不便さを感じている人にとって救いとなるサービスです。
思っている以上に簡単に利用することができるので、よりこのサービスが知られるようになると、利用者も急増することが予想されています。

日本調剤の公式サイトには薬剤師訪問サービスを利用している人の事例が掲載されています。
担当している日本調剤の薬剤師の声が記載されているため、これが具体的にどのような制度なのか理解しやすくなっていますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする