お薬手帳プラスについて

3

病院へ行った際や調剤薬局に行った際に提示が求められることも多いお薬手帳。
お薬手帳を見ると、その人がどのような薬を服用してきたかを確認することができるので、これまで以上に利便性が増し、また安全性も増しています。
実際お薬手帳が果たしている役割は非常に大きいのですが、紙でできている手帳ですから使い勝手が悪いという声も聞こえてきました。
常に持ち歩くことは難しいですし、必要な時に忘れてしまうことも多々あります。
そんな状況の中誕生したのが、お薬手帳プラスというわけです。

お薬手帳プラスは、iOSとAndroidOSに対応しているアプリケーションのことで、スマートフォンで便利に使うことが可能です。
スマートフォンであれば常日頃から持ち歩いているので忘れるということも少ないですし、紙バージョンのお薬手帳以上に多くの機能性を有しています。

このアプリシステムを提供している企業は、日本全国に数百軒もの調剤薬局を展開している「日本調剤」で、薬を必要としている人たちに高いレベルのサービスを提供しています。
お薬手帳プラスのアプリをダウンロードして、会員登録を行うだけで様々な機能を使うことができます。
本会員登録をする際には「日本調剤」で発行された領収証と健康保険証が必要になりますが、
これら2つがあれば問題なく登録することができ、従来のお薬手帳に比べて圧倒的な利便性の高さを実感できます。

紙のお薬手帳ではなく、電子化された手帳を使えるのは喜ばしいことで、日本調剤の薬局や提携している薬局で活用でき、処方箋をスマートフォンで送信できるサービスも備えています。
これまでは処方箋を薬局に持参し、長い時間待つ必要がありました。
しかしお薬手帳プラスの誕生でその常識が変わりました。スマートフォンで先に処方箋を送信しておくことで薬の準備ができたら薬局へ向かうことが可能になり、薬局で待っていた時間を有効に活用することができますね。

今までは紙のお薬手帳でしか自分の薬の履歴を確認できませんでしたが、今後はアプリ上で好きな時にチェックできるようになります。
日本調剤の薬局以外で受け取った薬も、QRコードにてアプリに読み込むことができるので、不便さを感じることは全くありません。

以上のような薬に関する機能だけではなくて、自分自身の健康を管理するためのシステムも導入されています。
体に関する各種情報を管理しやすくなり、数値の移り変わりをグラフにて確認できるので、健康維持に役立つのではないでしょうか。

その他、「カレンダー機能」「健康コンテンツの配信」「家族管理」といった項目もあるので、お薬手帳プラスの活用方法次第では革命的な利便性を実感できるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする