日本調剤の採用情報

2

日本調剤では、新卒・中途など問わず人材を募集しています。

まず新卒採用に関しては、薬剤師、医療事務、総合職を募集しています。
全国各地に数多くの調剤薬局を設けているので、そういったところで働く薬剤師は欠かすことができません。
規模の大きな企業だからこそ可能な充実した教育制度や働く人を支える福利厚生が整っており、やりがいを感じながら働ける空間が作られています。
新卒採用で薬剤師を目指す場合には、薬学部6年制卒業見込(薬剤師免許取得見込)の条件などを満たさなくてはいけません。

他には調剤薬局にとって不可欠な存在でもある医療事務もあり、レセプト請求や処方せん受付の入力や受付など、様々な作業を担うことになります。
新卒学生にとって人気の職業でもあり、学生時代に接客系のアルバイトをしていると良いと求人サイトにも記載があります。

そして総合職は、日本調剤全体を支える仕事を行うことになり、総務や経理、営業など多くの部署に分かれています。
全学部、全学科の学生が対象となっているので、働きたいと考えている学生におすすめですね。

以上は新卒者向けの求人ですが、中途採用向けの求人情報もあります。
中途採用の場合には、薬剤師と医療事務が募集されており、店舗勤務のみならず在宅専任の薬剤師も募集しています。
これまでに培ってきた経験を活かすためには、この会社はとても働きやすいと思われます。
医療事務については資格不要ですが、管理栄養士の資格があると尚良いとのことです。

障がい者採用にも力を入れており、薬剤師をはじめ、医療事務やフロアスタッフ、そして配送ドライバーも募集しています。
様々な人に対して働く場を提供している日本調剤は、非常に素敵な企業だと思います。

また、上記に加えて今の時代数多くの企業で導入されている、「復職者採用」も用意しており、出産や育児を終えて再度働きたいと思った人に労働の場所を提供しています。
復職者採用では薬剤師と医療事務を募集していて、過去に同社で働いていた経験がある場合には応募してみてはいかがでしょうか。

これらに加えて薬学部に通っている学生に向けたインターンシップも設けており、卒業前の段階でいろいろと学ぶことができるのは非常に大きな武器となりそうです。

数多く存在している調剤薬局ですが、日本調剤ほどの規模を誇るところはなかなかありません。
大規模=優良とはいえませんが、多様な働き方や充実した教育制度・福利厚生から判断すると働きやすい企業だと思いますし、Vorkersの“残業30時間以下企業の株価上昇率ランキング”で1位となっていることからも優良といえそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする