日本調剤を支える最新の設備について

GREEN20160902221817_TP_V

調剤薬局業界の中でもトップクラスの規模を誇っている日本調剤は、同業他社と比較をすると最新のIT設備を導入するなど非常に優秀な設備を備えています。
最新設備を導入することにより大きなメリットをいくつも得られますが、中でも魅力的なのはトラブルを未然に防ぎやすくなるということです。これは患者さん、薬剤師の双方にとって大きなメリットとなります。
調剤した医薬品は患者さんが服用することになるので、少しの間違いが大きなトラブルに発展することもあり、最悪の場合患者さんの命を危険にさらす場合もあります。
そんな事態を防ぐためにはそれぞれの薬剤師の努力や心構えも必要不可欠ですが、業務の際に使用する設備の力でトラブルの発生を事前に阻止することもできます。

特に大手の調剤薬局は中小規模の調剤薬局に比べて設備が充実していて働いている薬剤師たちにとって働きやすい職場となっています。
薬剤師にも、医薬品の調剤をしてもらう患者さんにとっても設備の充実はとてもありがたく、安心して利用することが可能でしょう。

日本調剤では処方箋の受付から服薬説明までの調剤工程を記録する調剤レコーダーや調剤システムの個人認証に生体静脈認証システムを導入し業務の透明性を確保するなどセキュリティを高めています。
それらに加えて音声入力システムのアミボイスの導入、さらに在庫管理システム、ハンディターミナルにより普段の調剤薬局における業務をスピーディーに行えるようになっています。このようなシステムは薬剤師の負担軽減に加え効率的な業務の実現による患者さんの待ち時間短縮にもつながります。

調剤業務時に役立つ設備としては調剤した薬を画像照合することができる鑑査レンジや全自動錠剤分包機、必要な錠剤を正確にピッキングできる全自動錠剤払出機、軟膏練り機、水剤分注機など挙げきれないくらいの最新設備を日本調剤は取り入れていて、業務の迅速化や安全性の向上を実現しています。

こういった多種多様な設備機器のおかげで日本調剤は支えられていますが、最新機器の導入のみではなく、定期的な過誤防止勉強会や自社ポータルサイトを通じた過誤防止に関わる取り組みの共有など薬剤師への教育にも力を入れています。

設備を充実させると同時に働く薬剤師への徹底した教育を行うことで患者さんが安心して利用できる環境を整えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする